DMOとは

地域の「稼ぐ力」を引き出す!観光地域づくり法人

日本版DMOとは、

地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人です。このため、日本版DMOが必ず実施する基礎的な役割・機能(観光地域マー ケティング・マネジメント)としては、

  1. 日本版DMOを中心として観光地域づくりを行うことについての多様な関係者の合意形成
  2. 各種データ等の継続的な収集・分析、データに基づく明確なコンセプトに基づいた戦略(ブランディング)の策定、KPIの設定・PDCAサイクルの確立
  3. 関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組み作り、プロモーションが挙げられます。
また、地域の官民の関係者との効果的な役割分担をした上で、例えば、着地型旅行商品の造成・販売やランドオペレーター業務の実施など地域の実情に応じて、日本版DMOが観光地域づくりの一主体として個別事業を実施することも考えられます。

観光庁「観光地域づくり法人(DMO)」


観光地域づくり法人の登録について

DMO登録の5要件

各種ソリューションはこちら

観光庁が、観光地域づくり法人を登録DMOとして「登録」及びその候補となり得る法人(以下「候補DMO」という。)を「登録」し、登録を行った法人及びこれと連携して事業を行う関係団体に対して、関係省庁が連携して支援を行うことで、各地における観光地域づくり法人の形成・確立を強力に支援していきます。

<登録要件>

(1)観光地域づくり法人を中心として観光地域づくりを行うことについての多様な関係者の合意形成
◎以下の[1]又は[2]のいずれかに該当すること
[1]取締役、理事など観光地域づくり法人の意思決定に関与できる立場で行政、文化、スポーツ、農林漁業、交通等の幅広い分野の関係団体の代表者が参画すること
[2]観光地域づくり法人が主導して行政や関係団体をメンバーとするワーキンググループ等の委員会等を設置

(2)各種データ等の継続的な収集・分析、データ等に基づく明確なコンセプトに基づいた戦略(ブランディング)の策定、KPIの設定・PDCAサイクルの確立
◎以下の[1]~[3]の全ての取組を行うこと
[1]各種データ等の継続的な収集・分析
[2]データに基づく明確なコンセプトに基づいた戦略の策定(自治体が策定する観光振興計画が存在する場合は、当該計画と戦略との整合性が留意され、当該計画の策定・見直し等への関与がなされること)
[3]KPIの設定(少なくとも旅行消費額、延べ宿泊者数、来訪者満足度、リピーター率の4項目については必須とする。この他に各観光地域づくり法人が独自にKPIを設定することも可能)・PDCAサイクルの確立
 
(3)関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組みづくり、プロモーション
◎以下の[1]~[3]の全ての取組を行うこと
[1]地域社会とのコミュニケーション・観光地域づくりに関する地域の観光関連事業者への業務支援を通じて、戦略を多様な関係者間で共有すること
[2]観光資源の磨き上げや地域が観光客に提供するサービスの品質管理・向上・評価する仕組みや体制を構築すること
[3]観光客に対して地域一体となって戦略に基づく一元的な情報発信・プロモーションを行うこと

(4)観光地域づくり法人の組織
◎以下の[1]~[3]の全てに該当するすこと
[1]法人格を取得していること
[2]意思決定の仕組みが構築されていること
[3]専門人材が存在すること
※データ収集・分析等の専門人材(CMO:チーフ・マーケティング・オフィサー)が専従で最低一名存在していること
※財務責任者(CFO:チーフ・フィナンシャル・オフィサー)を設置すること

 (5)安定的な運営資金の確保
◎観光地域づくり法人が自律的・継続的に活動するための安定的な運営資金が確保される見通しがあること
※資金確保の手段としては、自主財源(特定財源(地方税(宿泊税、入湯税等)、負担金)、公物管理受託、収益事業(物販、着地型旅行商品の造成・販売等)、会費)、行政からの補助金等が想定されます。
 

観光地域づくり法人(DMO)形成・確立の必要性

観光地域づくり法人(DMO)登録要件の充足状況に係る判断基準

ページ上部へ戻る