ご当地人気グルメメニュー味覚開発

【サービス名】

ご当地人気グルメメニュー味覚開発

サービスコンセプト

インバウンドの増加は、日本にとって、日本食への関心や信頼を高める好機であり、地域にとってその経済効果は絶大です。食べたい!食べさせたい!ご当地自慢の美味しい料理のファンつくり「食」×「人」×「地域」をつなぐことが、地元の食の未来へと続いていき、目に見えない「地域愛」が、はぐくまれます。

DMO対応要件 プロモーション(観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組み作り、プロモーションの実施)
予 算 テーマ内容によりお見積り
特 長
  • インバウンド向けメニュー開発
  • 英文メニューの作成
  • 英文入り・画像入り料理説明POPの作成
  • 外国人の食文化・食習慣の講義
    日本の常識が世界の非常識であることが多々あります
  • 外国人が喜ぶ対応と見せ方(外国人が日本に期待すること)日本らしさの演出
  • 外国人のニーズ対応と店舗内での改善指導
    外国人が日本にきて不便に思うこと、残念に思うこと
  • 外国人相手の接客実演指導
    外国人と同行の上で実際に接客をしてもらいます
  • 簡単な接客英会話教室を開催
    中国語・韓国語・ロシア語・アラブ語・ヘブライ語でも対応可能です
  • 外国人向けホームページの作成
  • 情報発信ツールの提案

ご当地人気グルメメニュー味覚開発

「食べたい!食べさせたい!ご当地自慢の美味しい料理!」

インバウンドの増加は、日本にとって、日本食への関心や信頼を高める好機であり、地域にとってその経済効果は絶大です。食べたい!食べさせたい!ご当地自慢の美味しい料理のファンつくり
「食」×「人」×「地域」をつなぐことが、地元の食の未来へと続いていき、目に見えない「地域愛」が、育(はぐくまれ)ます。

ご当地グルメが生まれるケース

1.郷土料理とは異なり、何十年も前から食べられている地元独特の調理方法や食し方をメディアが発掘するケース。

2.各団体等が地域振興を目的として「地産地消」をテーマにメニュー開発を行うケース。

3.個店が他店との差別化を図る為に、ご当地グルメとして呼称するケース。その場合に「元祖」と付ける個店が発生することで更なる差異化が生じるケースがあります。

静岡県のケース(広域ご当地グルメ)

【静岡おでん】
静岡県の富士川〜大井川という広い範囲に見られる「静岡おでん」の特徴は、ダシを継ぎ足しながら毎日煮込んでいくところです。牛スジや豚モツのダシと濃口しょうゆがくみ合わさって出来上がった、真っ黒なスープが有名です。

【富士宮焼きそば】
静岡県富士宮市の名物である「富士宮やきそば」は、もちもちとした食感のなかにしっかり歯ごたえがある蒸し麺が特徴です。B-1グランプリ殿堂入りグルメとしても人気です。 「富士宮やきそば」を名乗るならば、指定した麺を使用しなければなりません!そして、富士宮で「肉かす」と呼ばれる油かすをしようすることも条件の一つ。最後に削りかすを振りかける事で富士宮やきそばが完成します。

【清水モツカレー】
名古屋のどて煮をヒントに生まれた、清水市のソウルフードです。その歴史は約60年。1950年、まだ戦後間もない頃、故杉本金重さんが満州でおぼえたカレーを使って作り上げたグルメだそうです。

「食」×「人」×「地域」をつなぐアイディアが「ご当地グルメ」

「フード開発」が大切にしているのは、目に見える「食」だけではなく、目に見えない「地域愛」も一緒に育むことです。長く愛される商品やメニューは、そこに関わる皆さんが仕事に自信や誇りを持ち、いきいきと働きながら、商品を愛し続けていくことによって育(はぐく)まれていきます。

「食」×「人」×「地域」をつなぐことが地元の食の未来へと続いていきます。その地域に暮らす人が、 地元の食を誇りに思えるように、「フード開発」はいろいろな角度から食の楽しさをご提案していきます。

「フード開発」では、ご当地料理の開発・発掘、グルメマップの作成、キャラクター作り、のぼり等の販売促進ツール作製、マスメディア戦略、テーマソングの作詞・作曲など幅広く展開されます。

兵庫県姫路市ご当地グルメ事例

【ひねポン】
昔から播州エリアでは養鶏が盛んに行われており、普段出荷するものよりも長く育てた鶏を「ひねどり」と呼んでいました。普通の鶏肉より食感があるこのお肉は、美味しさがギュッと詰まっており噛めば噛むほど旨味が出てきます。そんなひねどりを炙り、ポン酢であえて薬味を乗せた料理が「ひねぽん」です。姫路の居酒屋ならどこにも置いてある、ご当地定番おつまみです。


【姫路おでん】
姫路おでんとは、生姜醬油で食べるおでんの事を言います。姫路にはこの姫路おでんのお店が沢山あり、公式サイトにはおでんマップ(http://himejioden.jp/shop.html)も掲載されています。おでんの味は”関東炊き”と呼ばれる甘辛い味付けのものから薄味のものまで様々ですが、どれも生姜醬油を付けて食べれば姫路おでんと名乗ることができます。お店によって生姜醬油の配合や隠し味などが異なり、違いを楽しむことができます。


【タコピア】
姫路駅の目の前に、大型ショッピング施設「グランフェスタ」。姫路地下街のグランフェスタ5番街にある「タコピア」は、地元に50年以上愛されたソウルフード店で、兵庫県のご当地グルメ「明石焼き」にソースをかけていただく「明石焼き風たこ焼き」というオリジナル商品で人気を集めています。


【姫路穴子】
海のそばにある姫路は、昔から美味しい海産物が味わえることでも有名です。その中でも「姫路穴子」は、姫路港を中心に全体に広がったご当地グルメとして有名です。瀬戸内で育った穴子は、身が淡泊で柔らかいのが特徴です。地元では新鮮な穴子が手に入ることからお刺身でも食べることができ、お鍋や穴子丼など様々な穴子料理を提供するお店が点在しています。


【えきそば】
“日本一美味しい立ち食いのえきそば”として評判の「えきそば」は、まねき食品株式会社が運営している立ち食いそばのお店です。JR姫路駅の構内に複数の店舗あり、観光の行きや帰りにちょっと寄るのに便利な場所にあります。日本で初めて幕の内弁当を販売した老舗の食品会社の作るおそばは、姫路の定番グルメとして人気があります。ここのおそばは、かんすい入りの中華麺+和風おだしという一見アンバランスにも思えるような組み合わせですが、絶妙な味わいでこれがクセになると評判です。特に天ぷら入りは、油のまったりさが麺によく絡まるのでおすすめ。一味と七味が用意されているので、お好みの味にして食べれます。


【姫路ラーメン】
姫路を中心に播磨地方で広がった「姫路ラーメン」は、地場産業の醤油をベースにしたスープに生姜を乗せるのが定番のご当地ラーメン。中ストレート麺を使うお店が多いですが、共通しているレシピはなく、それぞれのお店で違った味わいのラーメンを食べることができます 。

石川県金沢市ご当地グルメ事例

【金沢おでん】
石川県金沢市は日本で1番おでんが食べられている地域で、1年中おでんを食べることができます。金沢のおでんの特徴は、カニ面、肉いなり、バイ貝、赤巻、ふかしなど、海鮮を使用した変わりネタがたくさんあるところ。特に香箱ガニの雌の身や内子、みそを甲羅に詰めた”カニ面”は、金沢における冬の名物として人気を集めています。
昆布と煮干のだしに金沢大野の醤油ベースのものや塩だしのあっさりとした出汁がベースのおでん。


【金沢カレー】
国鉄の外郭団体「鉄道弘済会」が経営していたレストラン「ニューカナザワ」のカレーが、現在の金沢カレーのルーツとなっている。そこのチーフコックを務めた5人がそれぞれ独立し、現在の金沢カレー各店を創業。既に半世紀以上地元民に愛され続けているカレー。
濃厚なルーにカツがトッピング、キャベツの千切りが乗り、 ステンレスの器にフォークまたは先割れスプーンでいただくのが基本ルール。


【ハントンライス】
ハントンライスとは、オムライスの上にフライがのり、ケチャップとタルタルソースがかかった洋食。もともとは白身魚のフライがのっていましたが、いまは海老やお肉などさまざま。金沢グルメのひとつとして人気があります。ボリュームがあってリーズナブルなところもファンが多い理由。


【金箔ソフトクリーム】
日本の金箔生産では、石川県金沢市が総生産量のうち99%を占める独占的な産地。その地域性を生かし、濃厚なソフトクリームの上に、10cm四方の金箔がまるごと1枚、贅沢にのせられています。

ご当地メニュー開発の流れ

フード開発の取り巻く要素

郷ご当地グルメが生まれるケース

1)郷土料理とは異なり、何十年も前から食べられている地元独特の調理方法や食し方をメディアが発掘するケース

2)前記でも述べたように、各団体等が地域振興を目的として「地産地消」をテーマにメニュー開発を行うケース。

3)個店が他店との差異化を図る為に、ご当地グルメとして呼称するケース。その場合に「元祖」と付ける個店が発生することで更なる差異化が生じるケースがあります。

食のインバウンド対応

食のインバウンド対応
来日前に訪日外国人観光客が「日本に期待していること」は何でしょうか。て「日本食を食べること」すし、天ぷら、刺身はもちろんのこと、ラーメンや焼き鳥などリーズナブルな、日本のソウルフードも人気があり、更に松阪牛に代表されるブランド和牛焼肉も注目を集めています。

日本食人気の理由は、盛りつけの美しさ、食材の新鮮さ、外国にはない出汁などの繊細な「うま味」などがあります。

また日本食メニューだけではなく、箸を使う文化や畳に座って食すというスタイルや、着物の女性スタッフが接客することは、訪日外国人観光客にとってエキゾチックな魅力を感じさせるようです。

和服や和柄、折り紙などは日本文化を象徴するアイテムです。例えば箸袋を和柄にする、着物テイストなユフォームを採用するなど、身近な日本的素材を活かし、できる範囲のサービスをすることで、多くの訪日外国人観光客に満足していただける環境を整えることが可能になります。

STJのインバウンド対応

  • インバウンド向けメニュー開発
  • 英文メニューの作成
  • 英文入り・画像入り料理説明POPの作成
  • 外国人の食文化・食習慣の講義
    日本の常識が世界の非常識であることが多々あります
  • ムスリム対応(イスラム教徒)
    厳しい戒律がある為に、一般のレストランでは対応できません
  • コシャー対応(ユダヤ教徒)
    厳しい戒律がある為に、一般のレストランでは対応できません
  • 外国人が喜ぶ対応と見せ方(外国人が日本に期待すること)
    日本らしさの演出
  • 外国人のニーズ対応と店舗内での改善指導
    外国人が日本にきて不便に思うこと、残念に思うこと
  • 外国人相手の接客実演指導
    外国人と同行の上で実際に接客をしてもらいます
  • 簡単な接客英会話教室を開催
    中国語・韓国語・ロシア語・アラブ語・ヘブライ語でも対応可能です
  • 外国人向けホームページの作成
  • 情報発信ツールの提案
ページ上部へ戻る